DTP(デスクトップパブリッシング)とは?


高価な専用システムではなく、パーソナルコンピュータなど、
比較的安価なコンピュータハードウェア、ソフトウェアを利用して、
印刷物(名刺、チラシ、カタログ、雑誌記事、Tシャツ、その他)を
作成するための組版処理を行うこと。
昨今では、ワードプロセッサがさまざまな組版機能
(多段組や図版要素の組み込みなど)を
備えるようになったが、ワードプロセッサが文書処理の自動化効率化を
目指しているのに対し、「DTPソフトウェア」は、

あくまで最終的な印刷品質に重点を置いている点が異なっている。